user_mobilelogo
 インド建築の教え

LEARNING FROM INDIAN ARCHITECTURE


ヒマラヤから流れるガンガーに、都市ヴァラナシーがつくられ3000年続く。

朝、水面に降り、生命の源泉に浸り、無垢の精神世界に入る。

地底に下り、聖水を汲む。井戸空間に太陽や月の動きが映し出される。

神々が住むメール山を形象化し、世界軸をつくる。

樹木が住居の中心となり、集落がつくられる。

建築が都市を見守り、大地に聖域をつくる。

石造スクリーンで、涼風を生む光のアラベスク空間

沈思黙考の場をつくる光の空間。

大樹であり、大きな日傘である屋下で、多様な暮らしの場が展開する。

土地の気候風土を生かし、文化を掘り下げ、地域の素材、大地の記憶を活かす。


インド建築の教え

人は自然をどのように捉え、関係を構築するか、その意志が建築を生んできた。

水の建築・山の建築・大地の建築
水の惑星である地球。多様な植物が繁茂し、水が絶えず流れていて、数多くの動物の生存を可能にしてきた。海から上がった水蒸気は、山に当たり雨を降らせ、大地を潤す。水は大河になって、海に流れる。
川は生物を通して地球の物質循環の重要な担い手になる。そこに人の暮らしが成り立ち、文化が育まれてきた。地質、地勢、空気や水の流れ、植生、生き物の営みなど、自然はあらゆるものと関係し合う。

LEARNING FROM INDIAN ARCHITECTURE

Architectural form expresses how Man regards Nature and how he wants to build this relationship

Architecture of water, of the mountain, of the Earth
Earth is a water planet with water pulsating all over it, allowing a variety of flora and fauna to flourish. Vapor rising from the ocean is stopped at the mountain, causing rain that drenches the Earth. Great rivers are born.
They circulate living and inanimate matter globally. As they drain into the ocean, they link forests on the mountain to the ocean. People gather and live by the river. Culture takes root and thrives on its banks. The flow of air and water, topography, geology, vegetation and living beings, all things in Nature are interrelated.



新居建築研究所

TERUKAZU NII & VASANTI MENON,
ARCHITECTS & ASSOCIATES

〒779-3124 徳島市国府町中246-4   088-642-7257   088-642-7274  office@nii-architects.com

お問合せ/CONTACT

246-4, NAKA, KOKUFU-CHO, TOKUSHIMA CITY, JAPAN 779-3124,

sidebar1 custom